コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三太郎越 さんたろうごえ

世界大百科事典 第2版の解説

さんたろうごえ【三太郎越】

熊本県八代市日奈久と水俣市との間にある鹿児島街道の赤松太郎峠,佐敷太郎(さしきたろう)峠,津奈木太郎峠の総称。九州山地西端,八代海に臨む難所として知られ,藩政時代薩摩藩の参勤交代路で,西南戦争の西郷軍もこの峠越えに難渋した。1965年これらの峠を迂回する新国道(国道3号線)が開通し,八代~水俣間の交通の便は大幅に改善された。【岩本 政教

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三太郎越
さんたろうごえ

熊本県南部、薩摩(さつま)街道が八代(やつしろ)市から葦北(あしきた)郡芦北(あしきた)町を経て、津奈木(つなぎ)町に至る際に九州山地を越える赤松(あかまつ)太郎峠(138メートル)、佐敷(さしき)太郎峠(324メートル)、津奈木太郎峠(278メートル)の三峠の総称。急傾斜のつづら折りの山道を上り下りする難所としても有名。1957年(昭和32)から1965年にかけて行われた国道3号の大改修によって、峠道はいずれもトンネルにとってかわられ、ほぼ廃道となっている。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三太郎越の言及

【津奈木[町]】より

…標高300m前後の山々が広く占め,海岸部はリアス海岸をなす。国道3号線,鹿児島本線が通じるが,東境にある津奈木太郎峠(現在はトンネルが開通)は赤松太郎峠,佐敷太郎峠とともに古くは〈三太郎越〉と呼ばれる有名な難所であった。農漁業を基幹とし,農業ではアマナツのほかに畜産も盛んである。…

※「三太郎越」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android