コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田浦 たのうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田浦
たのうら

熊本県南部,芦北町北西部の旧町域。九州山地西端にあり,八代海に臨む。 1958年町制。 2005年芦北町と合体。全国屈指といわれるアマナツミカン栽培の中心地。電機工場がある。北方八代市との境,旧鹿児島街道に三太郎峠の一つ赤松太郎峠 (138m) がある。景勝地御立岬を含む海岸一帯は芦北海岸県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田浦
たのうら

熊本県南部、葦北(あしきた)郡にあった旧町名(田浦町(まち))。現在は芦北(あしきた)町の北端部を占める地域。旧田浦町は1958年(昭和33)町制施行。2005年(平成17)芦北町に合併。名称の「田浦」は、古来からの当該地域の呼称である「田浦郷」にちなむ。旧町域は、八代(やつしろ)海に面し、おもに古生代の堆積(たいせき)岩の九州山地北部からなる。山がちの地形が北東から南西方向に延び八代海に没する。耕地は海岸、河川沿いにしかなく、地域経済の中心は、かつての芦北林業(坑木用の松の短伐期林業)から転換を遂げた山麓(さんろく)傾斜地利用の甘夏ミカン栽培にある。現在は南九州自動車道の田浦インターチェンジもあるが、海岸沿いを通る肥薩(ひさつ)おれんじ鉄道(旧、JR鹿児島本線)、内陸部を通る国道3号などが建設あるいは改修される以前は、北の赤松太郎峠、南の佐敷(さしき)太郎峠が難所となり、もっぱら海上交通に依存していた。隣接町村につながる芦北海岸線の景観はすばらしく、1970年国民休養地として指定され、これが海洋観光開発の契機となった。芦北海岸県立自然公園域であり、景勝地として御立(おたち)岬がある。1935年(昭和10)に創設されたカーボン工場は、数少ない第二次産業への就業機会をつくりだしている。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

田浦の関連キーワード大食いタレント・たらちゃん千葉県南房総市和田町仁我浦神奈川県横須賀市田浦大作町神奈川県横須賀市田浦泉町おとこ大学 新婚教室この広い空のどこかに香川県小豆郡小豆島町和田浦 WA・O!熊本県葦北郡芦北町紀国屋文左衛門ここは静かなり秋田県秋田市壺井栄文学館間宮 七郎平横須賀[市]大甫七重郎芦北(町)江上 トミ内海〈町〉間宮七郎平

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田浦の関連情報