コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水俣市 みなまた

2件 の用語解説(水俣市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水俣〔市〕
みなまた

熊本県南西部,八代海に臨む市。1949年市制施行。1956年久木野村を編入。中心市街地は水俣川と湯出川の合流点にある。1908年に日本窒素肥料(1950新日本窒素肥料に社名変更。→チッソ)の炭化カルシウムカーバイド)製造工場が建設され,第2次世界大戦で被災したが,戦後復興して急速に発展。周辺地域もそれに伴って発展した。しかし,1953年頃から新日本窒素肥料の工場の廃液が原因の水俣病が発生,年を追って患者が増え,水俣病は重大な社会問題になった。製材,金属,食品加工の工場がある。海岸部の斜面ではミカンやチャ(茶)の栽培が盛ん。徳富蘇峰徳冨蘆花兄弟の生地で,水俣市立蘇峰記念館(かつての淇水文庫〈きすいぶんこ〉)がある。湯の児温泉湯の鶴温泉がある。天草市と結ぶフェリーの便があり,天草観光基地の一つ。一部は芦北海岸県立自然公園に属する。九州新幹線肥薩おれんじ鉄道線,国道3号線,268号線が通る。面積 163.29km2。人口 2万5411(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

水俣市の関連キーワードイタリア映画日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学国際赤十字IRC映倫イェンゼン沖電気工業[株]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水俣市の関連情報