水俣市(読み)みなまた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水俣〔市〕
みなまた

熊本県南西部,八代海に臨む市。1949年市制施行。1956年久木野村を編入。中心市街地は水俣川と湯出川の合流点にある。1908年に日本窒素肥料(1950新日本窒素肥料に社名変更。→チッソ)の炭化カルシウムカーバイド)製造工場が建設され,第2次世界大戦で被災したが,戦後復興して急速に発展。周辺地域もそれに伴って発展した。しかし,1953年頃から新日本窒素肥料の工場の廃液が原因の水俣病が発生,年を追って患者が増え,水俣病は重大な社会問題になった。製材,金属,食品加工の工場がある。海岸部の斜面ではミカンやチャ(茶)の栽培が盛ん。徳富蘇峰徳冨蘆花兄弟の生地で,水俣市立蘇峰記念館(かつての淇水文庫〈きすいぶんこ〉)がある。湯の児温泉湯の鶴温泉がある。天草市と結ぶフェリーの便があり,天草観光基地の一つ。一部は芦北海岸県立自然公園に属する。九州新幹線,肥薩おれんじ鉄道線,国道3号線,268号線が通る。面積 163.29km2。人口 2万5411(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水俣市の関連情報