コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三夷寺 さんいじ San-yi-si; San-i-ssǔ

1件 の用語解説(三夷寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三夷寺
さんいじ
San-yi-si; San-i-ssǔ

中国,唐代に西方から伝来した祆教 (けんきょう。ゾロアスター教) ,マニ教景教 (ネストリウス派キリスト教) の寺院の総称。西アジアからイラン系諸民族の隊商がシルクロード沿いに東来するにつれ,彼らの宗教建造物も長安をはじめ在留外人の多い都会につくられ,異国文化の花を咲かせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三夷寺の言及

【長安】より

…これら寺院の創設や維持の主体になったのは皇族や貴族たちであったが,唐代,経師,覆講師,邑師,説法師,遊行僧などがあらわれ,民衆の教化,救貧,救病などの社会事業にのり出した。また唐代,景教(ネストリウス派),祆教(ゾロアスター教),摩尼(マニ)教なども入り,それら三つの宗教の寺院は三夷寺と称された。これらは仏寺や道観に比べると少なかったが,長安の国際色を物語るものであった。…

【マニ教】より

…【上岡 弘二】
[中国]
 マニ教は7世紀末に中国に伝わり,〈摩尼教〉あるいは〈末尼教〉と音写され,教義に則して〈二宗教〉あるいは〈明教〉と呼ばれた。唐代にあっては,白衣白冠の徒と称された摩尼教は,景教(ネストリウス派キリスト教)および祆(けん)教(ゾロアスター教)とともに,西方渡来の宗教の代表と目され,それらの寺院は〈三夷寺〉と称された。とくに漠北にいたトルコ族のウイグル(回紇)に広まり,第3代牟羽可汗治下にその国教となりさえした。…

※「三夷寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三夷寺の関連キーワード祆教唐綾団茶唐土唐太刀西方の教え時代絹唐人菜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone