コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祆教 けんきょうXian-jiao; Hsien-chiao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祆教
けんきょう
Xian-jiao; Hsien-chiao

ペルシアのゾロアスター教中央アジアを経て中国に流入した際,中国での呼称。ササン朝の国教であったこの宗教は,東西交易に従事するソグド商人らにより南北朝時代華北に伝来。北朝,隋,唐で薩甫 (薩宝 ) という教徒の管理官を設けたり,唐代長安などに 祆祠の存在したことが文献に伝わる。信徒は大部分が在留外人であったらしく,漢人社会にはほとんど浸透しなかった。会昌5 (845) 年の廃仏の際弾圧をこうむり,衰えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐きょう〔‐ケウ〕【×祆教】

ゾロアスター教の中国での称。5世紀ごろペルシアから伝わり、代には長安を中心に栄えたが、9世紀、武宗による仏教弾圧の際に禁止された。拝火教。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けんきょう【祆教 Xiān jiào】

ペルシアのゾロアスター教に対する中国での呼名。拝火教ともいう。ササン朝で国教となっていたこの教えは,中国へは,北魏(386‐534)の中ごろには伝来し,北周,北斉にはしだいに広まって,宮中にも信奉者を見いだしていた。隋・唐時代になると,ペルシア人イラン系の西域人がしきりに往来したが,彼らの大多数は祆教信者であったとみられ,彼らを取り締まるため,隋代には薩保ないし薩甫,唐代では薩宝(さつぽう)という官をおいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんきょう【祆教】

ゾロアスター教の、中国での呼称。南北朝末期に渡来し、唐代に一時流行したが、その後、禁止された。拝火教。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


けんきょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の祆教の言及

【ゾロアスター教】より

…その主神アフラ・マズダの名を採って〈マズダ教〉,またその聖火を護持する儀礼の特質によって〈拝火教〉ともよばれる。中国においては,祆(けん)教の名で知られた。ゾロアスターの活躍時期については,前2千年紀中ごろから前7~前6世紀にわたる諸説があり,なお定説が得られない。…

【東西交渉史】より

…東方の中国を中心とする東アジアと,西方の西アジア・ヨーロッパとの,政治的・経済的・文化的交流の諸相を研究する歴史学の一分野。東西交通史,東西文化交流史ともいう。その叙述に,インドを中心とする南アジアと,東アジア・西アジア・ヨーロッパとの交流に関する記述を含ませる場合もある。東西交渉史の研究は,日本でも,比較的早くからその研究に着手され,特に1950年代以降急速に発達して,日本の東洋史学研究における代表的研究分野の一つとなっている。…

※「祆教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報