コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大秦寺 だいしんじDa-qin-si; Ta-ch`in-ssǔ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大秦寺
だいしんじ
Da-qin-si; Ta-ch`in-ssǔ

中国,唐代中期のネストリウス派キリスト教 (→景教 ) の寺院。貞観 12 (638) 年ペルシア僧阿羅本らが初めて景教を中国に伝え,長安義寧坊にその寺が建てられ,波斯寺と呼ばれていた。景教が西方の大秦 (ローマ) から興ったのにちなんで,天宝4 (745) 年大秦寺と改称せよという詔が下り,全国の景教教会もこれにならった。建中2 (781) 年には長安の同寺に大秦景教流行中国碑が建立されたが,会昌5 (845) 年の廃仏に伴って廃棄された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいしん‐じ【大×秦寺】

中国、代に長安など各地にあったネストリウス派キリスト教(景教)寺院の称。はじめ波斯(はし)寺とよばれたが、のち、大秦の宗教であることから改められた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大秦寺【だいしんじ】

中国,唐代の景教キリスト教ネストリウス派)寺院の呼称。初め波斯(はし)寺と呼ばれたが,638年阿羅本が太宗の許しを得て,長安の義寧坊に大秦寺を建てて以後この名で呼ばれ,諸州にも建てられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たいしんじ【大秦寺】

中国の唐代に各地に建立された景教の寺院の呼称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大秦寺
たいしんじ

中国の景教(けいきょう)(ネストリウス派のキリスト教)寺院のこと。当初景教は波斯(はし)(ペルシア)経教と称されたが、のち大秦(ローマ帝国)景教といわれるようになると、その教会も波斯寺から大秦寺とよびかえられるようになった。唐王朝の保護のもとで、景教初伝3年後の638年、まず長安の都に一寺が建立され、ついで高宗(649~683)の時代に全国各州に建てられたという。景教は鎮護国家の宗教の色彩もあったらしい。781年長安の大秦寺に造立された「大秦景教流行中国碑」が当時の情況を伝えている。[冨倉光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大秦寺の言及

【景教】より

…仏教に傾斜した則天武后の治世には少し衰えたが,玄宗によって保護され,アブラハム(羅含)やガブリエル(及烈)といった有力な僧侶によって大いに教線を拡大した。 当初はこの教えを波斯経教,その寺院を波斯寺,つまりペルシア人の宗教とよんできたが,発生の地がペルシアではなく大秦国であることを知り,745年(天宝4)には詔によって波斯寺を大秦寺と改めることになった。ひきつづき粛宗・代宗・徳宗の治世に優遇され,781年(建中2)には,篤信の居士イズドブジド(伊斯)の出資によって《大秦景教流行中国碑》が建てられたのである。…

※「大秦寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大秦寺の関連情報