コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好久太郎 みよし きゅうたろう

2件 の用語解説(三好久太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好久太郎 みよし-きゅうたろう

1872-1934 明治-昭和時代前期の化学技術者。
明治5年1月21日生まれ。八幡(やはた)製鉄所技師をへて大阪瓦斯(ガス)の技師長,日本染料製造取締役技師長などをつとめた。製鉄用炉材の研究,タールの化学利用の開発などに貢献。昭和9年12月11日死去。63歳。石川県出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三好久太郎
みよしきゅうたろう
(1872―1934)

化学技術者。士族の子として金沢に生まれる。1896年(明治29)東京帝国大学工科大学応用化学科を卒業。八幡(やはた)製鉄所(現、新日鉄住金)技手となり、1897年ドイツに出張、製鉄技術を研究して帰国した。1900年(明治33)製鉄所技師となり、コークスおよび炉材部門を担当し、再度ヨーロッパに派遣されるなどした。1912年(大正1)製鉄所技師を辞め、大阪瓦斯(ガス)株式会社に入り、1915年に工学博士。1916年大阪瓦斯技師長となった。1918年には日本染料株式会社取締役技師長に就任した。製鉄用炉材の研究や製鉄燃料の改善のほか、コールタール染料をはじめとする化学工業確立のための基礎形成に大きく寄与した。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三好久太郎の関連キーワード佐々木安五郎合田平荒木月畝竹内類治津山英吉西田恒夫西野藤助二条正麿三浦第二郎神田鐳蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone