三好京三(読み)ミヨシキョウゾウ

デジタル大辞泉の解説

みよし‐きょうぞう〔‐キヤウザウ〕【三好京三】

[1931~2007]小説家岩手の生まれ。本名、佐々木久雄。自らの教員体験を生かした作品や、郷里の東北を舞台にした小説を手がける。非行に走る娘とそれに振り回される家庭を描いた「子育てごっこ」でブームを巻き起こし、直木賞受賞。他に「分校日記」「いのちの歌」「満ち足りた飢え」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好京三 みよし-きょうぞう

1931-2006 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和6年3月27日生まれ。岩手県下の小学校教諭として僻地教育にあたる。「子育てごっこ」で昭和50年文学界新人賞,52年直木賞。53年退職して文筆に専念。平成19年5月11日死去。76歳。岩手県出身。慶大卒。本名は佐々木久雄。作品はほかに「分校日記」「女人平泉」「女教師―三色すみれ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android