コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好京三 ミヨシキョウゾウ

デジタル大辞泉の解説

みよし‐きょうぞう〔‐キヤウザウ〕【三好京三】

[1931~2007]小説家岩手の生まれ。本名、佐々木久雄。自らの教員体験を生かした作品や、郷里の東北を舞台にした小説を手がける。非行に走る娘とそれに振り回される家庭を描いた「子育てごっこ」でブームを巻き起こし、直木賞受賞。他に「分校日記」「いのちの歌」「満ち足りた飢え」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好京三 みよし-きょうぞう

1931-2006 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和6年3月27日生まれ。岩手県下の小学校教諭として僻地教育にあたる。「子育てごっこ」で昭和50年文学界新人賞,52年直木賞。53年退職して文筆に専念。平成19年5月11日死去。76歳。岩手県出身。慶大卒。本名は佐々木久雄。作品はほかに「分校日記」「女人平泉」「女教師―三色すみれ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三好京三の関連キーワードいのち三好飢え

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android