三姫(読み)サンヒメ

世界大百科事典 第2版の解説

さんひめ【三姫】

歌舞伎のお姫様の役を赤地の衣装をつけることから〈赤姫(あかひめ)〉と呼び,その赤姫の中でも三つの代表的な大役を〈三姫〉という。《廿四孝》の八重垣(やえがき)姫,《金閣寺》の雪姫,《鎌倉三代記》の時姫。数多いお姫様の役の中でも至難な役で,気品,美しさ,しかも厳しい状況の中で恋に生き抜く人間像が大きな特徴となっている。八重垣姫には狐火(きつねび),雪姫には爪先鼠(つまさきねずみ)という奇跡を起こす場面がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんひめ【三姫】

歌舞伎の姫役で難役とされる三役。「鎌倉三代記」の時姫、「本朝廿四孝」の八重垣姫、「祇園祭礼信仰記」の雪姫。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐ひめ【三姫】

歌舞伎時代物の姫君役のうち、最もむずかしい役とされる「本朝廿四孝」の八重垣姫、「鎌倉三代記」の時姫、「祇園祭礼信仰記」の雪姫の三役の称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三姫の関連情報