コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇園祭礼信仰記 ぎおんさいれいしんこうき

5件 の用語解説(祇園祭礼信仰記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祇園祭礼信仰記
ぎおんさいれいしんこうき

浄瑠璃。時代物。5段。中邑阿契ほか合作。宝暦7 (1757) 年大坂豊竹座初演。当初の名題『祇園祭礼信長記』の信長をはばかり,信仰記と改めたもの。小田信長の家臣此下東吉が,足利将軍義輝を殺した逆賊松永大膳を知略をもって滅ぼす物語。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎおんさいれいしんこうき〔ギヲンサイレイシンカウキ〕【祇園祭礼信仰記】

浄瑠璃時代物。五段。中邑阿契(なかむらあけい)・豊竹応律(とよたけおうりつ)・黒蔵主(こくぞうす)らの合作。宝暦7年(1757)大坂豊竹座初演。「信長一代記」を題材とし、特に四段目の「金閣寺」が有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぎおんさいれいしんこうき【祇園祭礼信仰記】

人形浄瑠璃。時代物。5段。中邑阿契(なかむらあけい)・豊竹応律・黒蔵主・三津飲子・浅田一鳥による合作。1757年(宝暦7)12月5日から大坂豊竹座で初演。小瀬甫庵の《信長記(しんちようき)》などで知られた信長一代記に取材したもの。好評作で,59年2月まで,3年越しの続演。四段目金閣寺の三重のセリ上げ・セリ下げという大道具の工夫(《摂陽奇観》)や,此下東吉(木下藤吉郎に当たる)の人形の首(かしら)を京都高台寺の秀吉の木像に似せて造ったこと(《浄瑠璃譜》)などが人気を呼んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎおんさいれいしんこうき【祇園祭礼信仰記】

人形浄瑠璃の一。時代物。中邑阿契なかむらあけい・豊竹応律ら合作。1757年初演。初題「祇園祭礼信長記」。「信長記」を題材とする。四段目の「金閣寺」が現在も上演される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祇園祭礼信仰記
ぎおんさいれいしんこうき

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。5段。中邑阿契(なかむらあけい)・豊竹応律(とよたけおうりつ)・黒蔵主(こくぞうす)・三津飲子・浅田一鳥(いっちょう)合作。1757年(宝暦7)12月、大坂・豊竹座初演。織田信長の事績『信長記(しんちょうき)』に取材、作中の小田春永(はるなが)が信長、此下東吉(このしたとうきち)が木下藤吉郎秀吉を示す。春永が祇園牛頭天王(ごずてんのう)の祭礼を再興する話(二段目)が名題(なだい)の由来で、ほかに薬屋是斎(ぜさい)実は松下嘉平次の話(三段目)なども扱われているが、有名なのは四段目「金閣寺」。人形初演のとき金閣寺の道具のセリ上げ、セリ下げが評判になり、翌年歌舞伎(かぶき)化されてからも舞台機構の進歩に大きく貢献した。
 謀反人松永大膳(だいぜん)は足利(あしかが)将軍の母慶寿院(けいじゅいん)を金閣寺の楼上に押し込め、絵師狩野雪村(かのうせっそん)の娘雪姫(ゆきひめ)に恋慕して従えと迫る。雪姫は大膳を父の敵(かたき)と知って斬(き)りつけ、逆に桜の木に縛られるが、祖父雪舟(せっしゅう)の故事に倣って足で桜の花びらをかき集めてねずみの絵をかくと、絵は本物のねずみと化して姫の縄を食い切る。此下東吉は降参と見せかけて大膳を油断させ、慶寿院を救い出し、くやしがる大膳と再会を約して別れる。絢爛(けんらん)たる金閣寺を背景に、立敵(たてがたき)の大膳、さっそうたる武将の東吉、立女方(たておやま)の雪姫の3役がそれぞれ見せ場をもつ演目。ことに雪姫は八重垣姫(やえがきひめ)・時姫(ときひめ)とともに歌舞伎の「三姫」といわれる大役の一つで、縛られたままの姿でねずみの絵をかく「爪先鼠(つまさきねずみ)」のくだりは人形振りで演ずる俳優もある。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祇園祭礼信仰記の関連キーワード祇園女御九重錦操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座内海繁太郎中邑阿契嬢景清八島日記景清(人形浄瑠璃)《廿四孝》(人形浄瑠璃)文七(人形浄瑠璃)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祇園祭礼信仰記の関連情報