コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八重垣(読み)ヤエガキ

デジタル大辞泉の解説

やえ‐がき〔やへ‐〕【八重垣】

幾重にも巡らしたかきね。
「八雲立つ出雲(いづも)―妻籠みに―作るその―を」〈・上・歌謡〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

やえがき【八重垣】

兵庫の日本酒。酒名は、「古事記」に登場するスサノオノミコトが結婚の喜びをうたった歌「八雲立つ出雲やゑがきつま隠(ご)みにやゑがきつくるそのやゑがきを」に由来。伝承の技法を守り吟醸酒、純米酒などを醸造。味わいは芳醇。平成4、5、12、13、17、25年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は林田川の伏流水。蔵元の「ヤヱガキ酒造」は寛文6年(1666)創業。所在地は姫路市林田町六九谷。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

やえがき【八重垣】

幾重にもめぐらした垣根。 「八雲立つ出雲-つまごみに/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八重垣の関連情報