三宅やす子(読み)みやけ やすこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅やす子 みやけ-やすこ

1890-1932 大正-昭和時代前期の小説家,評論家。
明治23年3月15日生まれ。三宅恒方(つねかた)の妻。夏目漱石(そうせき),小宮豊隆に師事し,夫と死別後文筆生活にはいる。個人誌「ウーマンカレント」を発行するなど啓蒙的作家として活躍した。昭和7年1月18日死去。43歳。京都出身。東京女高師付属高女卒。旧姓は加藤。著作に評論「未亡人論」,小説「奔流」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android