コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅康勝 みやけ やすかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅康勝 みやけ-やすかつ

1628-1687 江戸時代前期の大名。
寛永5年生まれ。三宅康盛(やすもり)の長男。明暦4年(1658)三河(愛知県)挙母(ころも)藩主三宅家第2次2代となる。寛文4年(1664)三河田原1万2000石にうつされた。大坂加番をつとめる。貞享(じょうきょう)4年8月9日死去。60歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三宅康勝の言及

【田原藩】より

…関ヶ原の戦後1601年(慶長6)戸田尊次が伊豆下田より1万石で入封。忠能をへて忠昌の代に肥後富岡に移り,64年(寛文4)三宅康勝が三河挙母(ころも)より入封して1万2000石,24ヵ村を領した。その後康雄,康徳,康高,康之,康武,康邦,康友,康和,康明,康直,康保とついで廃藩置県に至る。…

【三宅氏】より

…江戸時代の譜代大名。1558年(永禄1)政貞・康貞父子はそろって徳川家康に見参し,旧領三河国梅坪を安堵されて徳川氏の家臣となる。康貞はたびたびの軍功によって90年(天正18)武州瓶尻(みかしり)に5000石の領地を与えられ,さらに1604年(慶長9)には三河国挙母(ころも)1万石を領した。19年(元和5)康信のときに,伊勢の亀山に移ったが,36年(寛永13)康盛のときに再び挙母に帰った。さらに康勝のとき64年(寛文4)に三河国田原藩万2000余石に転封となり,以後,代々田原藩主として幕末に至った。…

※「三宅康勝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三宅康勝の関連キーワード三宅康雄田原藩

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android