コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅康勝 みやけ やすかつ

1件 の用語解説(三宅康勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅康勝 みやけ-やすかつ

1628-1687 江戸時代前期の大名。
寛永5年生まれ。三宅康盛(やすもり)の長男。明暦4年(1658)三河(愛知県)挙母(ころも)藩主三宅家第2次2代となる。寛文4年(1664)三河田原1万2000石にうつされた。大坂加番をつとめる。貞享(じょうきょう)4年8月9日死去。60歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の三宅康勝の言及

【田原藩】より

…関ヶ原の戦後1601年(慶長6)戸田尊次が伊豆下田より1万石で入封。忠能をへて忠昌の代に肥後富岡に移り,64年(寛文4)三宅康勝が三河挙母(ころも)より入封して1万2000石,24ヵ村を領した。その後康雄,康徳,康高,康之,康武,康邦,康友,康和,康明,康直,康保とついで廃藩置県に至る。…

【三宅氏】より

…江戸時代の譜代大名。1558年(永禄1)政貞・康貞父子はそろって徳川家康に見参し,旧領三河国梅坪を安堵されて徳川氏の家臣となる。康貞はたびたびの軍功によって90年(天正18)武州瓶尻(みかしり)に5000石の領地を与えられ,さらに1604年(慶長9)には三河国挙母(ころも)1万石を領した。19年(元和5)康信のときに,伊勢の亀山に移ったが,36年(寛永13)康盛のときに再び挙母に帰った。さらに康勝のとき64年(寛文4)に三河国田原藩万2000余石に転封となり,以後,代々田原藩主として幕末に至った。…

※「三宅康勝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三宅康勝の関連キーワード伊東長治井上政清大関増恒小川朔庵織田秀一九鬼隆直立花貫長那須資弥牧野富成三宅康雄

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone