コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宅襄 みやけ のぼる

1件 の用語解説(三宅襄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅襄 みやけ-のぼる

1897-1965 昭和時代の能楽評論家。
明治30年3月3日生まれ。昭和初年から「報知新聞」などの能楽欄を担当。「謡曲界」「金剛」編集をへて「観世」の主筆となる。20年能楽協会の設立で書記長となり,機関誌「能」編集長をつとめた。昭和40年12月4日死去。68歳。島根県出身。明治薬専卒。本名は石田金市。著作に「能楽入門」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三宅襄の関連キーワードアニオン電着塗装フィリピン革命戦争文学石山雄大スズキフロンテ800W3火星探査機新宿(区)スペイン映画密貿易

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone