三宅邦子(読み)みやけ くにこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三宅邦子 みやけ-くにこ

1916-1992 昭和時代の映画女優。
大正5年9月17日生まれ。昭和9年松竹蒲田にはいり,「夢のさゝやき」でデビュー気品と堅実な演技で知られ,おおくの小津安二郎監督作品に出演した。テレビドラマでも活躍。出演作に「兄とその妹」「東京物語」など。平成4年11月4日死去。76歳。埼玉県出身。久喜高女卒。本名は三浦やす。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android