コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三年目

デジタル大辞泉プラスの解説

三年目

古典落語の演目のひとつ。「三年目の幽霊」とも。大阪では「茶漬幽霊」と題する。四代目橘家圓喬が得意とした。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんねんめ【三年目】

落語の演題。原話は《遊子珍学問(ゆうしちんがくもん)》(桜川慈悲成作。1803)という噺本に収載されている。《三年目の幽霊》ともいい,上方では《茶漬幽霊》という。ある男の女房が死ぬとき,もしほかの女と連れ添ったら婚礼の晩に幽霊になって出るから,といい残す。男はまわりのすすめで後妻を迎えるが,幽霊は出ない。出ないままに3回忌を迎えるが,その晩先妻の幽霊が現れ恨みごとをいうので,男がなぜ早く出て来なかったのだと聞くと,亡くなるときに坊主頭にされたので,〈坊主頭で出て愛想を尽かされるといけないから,毛の伸びるまで待っておりました〉。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三年目
さんねんめ

落語。4代橘家円喬(たちばなやえんきょう)が得意とし、5代・6代の三遊亭円生(えんしょう)が継承した。大恋愛のすえ結婚したが、女房は死んでしまう。夫は妻が死ぬ前に「私が後妻をもらったら婚礼の夜に幽霊になって出ておいで」と約束する。男はやがて人の勧めで再婚するが、幽霊はなかなか出てこない。その後、子供が生まれ、3年目の法事を迎える。その夜、先妻が幽霊になって現れる。「なぜ、もっと早く出ないのか」「わたしが死んだとき、ご親戚(しんせき)で坊さんにしたでしょう。坊さんでは愛想(あいそ)をつかされるから、毛の伸びるまで待ってました」。上方(かみがた)落語では『茶漬(ちゃづけ)幽霊』といい、茶漬を食べている昼間に幽霊が出るので「なぜ夜出ないのか」「夜は怖い」。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三年目の関連キーワード桂 三木助(2代目)トリエンナーレ出会い・出合い福徳の三年目落語の演題奥山えいじ松下有美三年味噌古典落語怪談咄三年竹年忌着果福徳芝浜

三年目の関連情報