コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三戸師親 さんのへ もろちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三戸師親 さんのへ-もろちか

?-1351 南北朝時代の武将。
高師冬(こうの-もろふゆ)にしたがって,常陸(ひたち)(茨城県)小田城をはじめ諸城を攻め,足利氏の関東制圧に功があった。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利尊氏(たかうじ)方についたが,観応2=正平(しょうへい)6年12月陣中で自殺。通称は七郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三戸師親の関連キーワード労働者制定法アユタヤ朝アユタヤ朝紅巾の乱正平一統浄土真宗慕帰絵詞ラーマティボディ(1世)労働者条例覚如

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone