コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三斑鶉/三府鶉 ミフウズラ

デジタル大辞泉の解説

みふ‐うずら〔‐うづら〕【三×鶉/三府×鶉】

ツル目ミフウズラ科の鳥。全長約14センチで、ウズラに似る。足指は3本しかなく、雄が営巣抱卵育雛(いくすう)を行い、羽色は地味な褐色。雌のほうが羽色がはっきりしている。熱帯アジアに分布。日本では南西諸島に生息。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みふうずら【三斑鶉】

ツル目ミフウズラ科の小鳥。全長14センチメートルほど。キジ目のウズラに似て、全体地味な褐色。足指は前三本のみ。薩南・琉球諸島・アジア南東部・インドに分布。一妻多夫で、雄が抱卵や雛ひなの世話にあたる。雌は卵を産むのみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

三斑鶉 (ミフウズラ)

学名:Turnix suscitator
動物。ミフウズラ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

三斑鶉/三府鶉の関連キーワード琉球諸島キジ目薩南

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android