三時業(読み)サンジゴウ

精選版 日本国語大辞典の解説

さんじ‐ごう ‥ゴフ【三時業】

〘名〙 仏語。善悪の業を、その結果を受ける時期によって三種に分けたもの。生きているうちに果を受ける順現業(じゅんげんごう)と、次に生まれかわって果を受ける順生業(じゅんしょうごう)と、第三回目の生以後に果を受ける順後業(じゅんごごう)のこと。三時。
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)二「又、現生後報等の三時業の事もあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる