三枝康高(読み)さいぐさ やすたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三枝康高 さいぐさ-やすたか

1917-1978 昭和時代後期の近代文学研究家,文芸評論家。
大正6年2月11日生まれ。東京帝大在学中に亀井勝一郎,太宰治の知遇をえる。昭和33年「日本浪曼派の運動」を発表。著作に「賀茂真淵」「太宰治とその生涯」「川端康成」「国語教材の読解と授業」など多数。静岡大教授。昭和53年3月27日死去。61歳。神奈川県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる