コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦竹泉 みうら ちくせん

美術人名辞典の解説

三浦竹泉

陶芸家。三浦家を継ぐ。初代は三代道八の門。田能村直入に画を学ぶ。青華磁・染附に長じる。代々竹泉の号を継承する。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦竹泉 みうら-ちくせん

1853-1915 明治時代の陶芸家。
嘉永(かえい)6年生まれ。京都の人。3代高橋道八にまなび,明治16年五条坂に開窯。染め付け,金襴手(きんらんで)などに技のさえをみせた。35年清(しん)(中国)の朱琰(しゅ-えん)著「陶説」を邦訳名跡は現代までつづいている。大正4年3月19日死去。63歳。本姓は渡辺。名は政吉。通称は駒次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三浦竹泉の関連キーワード景徳鎮陶録明治時代嘉永

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android