コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦胤義 みうら たねよし

2件 の用語解説(三浦胤義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三浦胤義 みうら-たねよし

?-1221 鎌倉時代の武将。
三浦義澄(よしずみ)の子。鎌倉幕府御家人畠山重忠の追討,和田氏の乱で功をたてる。のち北条義時と反目,在京して検非違使(けびいし)に任じられた。承久(じょうきゅう)の乱で後鳥羽(ごとば)上皇方につき,兄三浦義村を味方にさそうが失敗。幕府軍に各所で敗れ,承久3年6月15日京都太秦(うずまさ)の木島(このしま)社で自害。通称は平九郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三浦胤義

没年:承久3.6.15(1221.7.6)
生年:生年不詳
鎌倉前期の武士。通称は九郎。義澄の子。左衛門尉・検非違使。建保1(1213)年の和田合戦では和田氏にくみしながら,翻って北条氏方につき,その勲功として上総国伊北郡を拝領した。有力御家人として活躍したが,女性問題で闘乱事件を起こす一面もあった。大番役で在京中,後鳥羽上皇の誘引を受け,承久の乱(1221)では京方についた。兄義村を誘うが失敗。京都で伊賀光季を討ったのち,幕府軍の上洛に際し美濃国摩免戸(岐阜県稲葉町)を防備したが敗退し,京都の東寺で幕府方の三浦一族と激しく戦った。幼子に一目会おうと太秦に向かうが,敵に囲まれて木島で自殺。<参考文献>『吾妻鏡』『承久記』

(高橋秀樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三浦胤義の関連キーワード堀江頼直植村宗峰狩野宗知相良頼員首藤家季平清綱堀勝政堀正礼本間資貞家喜九郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone