コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田幸夫 みた ゆきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三田幸夫 みた-ゆきお

1900-1991 大正-昭和時代の登山家。
明治33年3月31日生まれ。槙有恒(まき-ありつね),大島亮吉らと慶大山岳部で活躍。大正11年剣岳の積雪期初登頂の記録をのこす。14年カナダのアルバータ峰遠征に参加,昭和28年第1次マナスル遠征隊長をつとめた。日本山岳会会長。平成3年2月11日死去。90歳。神奈川県出身。著作に「わが登高行」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三田幸夫
みたゆきお
(1900―1991)

登山家。横浜生まれ。慶応義塾大学山岳部創設メンバーの1人。1922年(大正11)積雪期立山(たてやま)・剱岳(つるぎだけ)初登攀(とうはん)、24年積雪期奥穂高初登攀をはじめ日本アルプスで活躍、25年槇有恒(まきありつね)らとカナディアン・ロッキーズのアルバータ峰初登頂。31年(昭和6)インドに勤務中、各地の山を歩き、日本のヒマラヤ登山への門戸を開いて、日本山岳界の発展に尽くした。68年から第11代日本山岳会会長、また、第一次マナスル登山隊長も務めた。『山なみはるかに』『山のガキ大将』『遠い山遙かな旅』などの著書がある。[徳久球雄]
『『遠い山遙かな旅』(1956・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三田幸夫の関連キーワードマナスル[山]シッキム州マナスル山板倉 勝宣板倉勝宣昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android