コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剱岳 つるぎだけ

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕剱岳(つるぎだけ)


富山県南東部、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)北西部を占める立山(たてやま)連峰北部の鋭峰。標高2999m。北アルプスでも屈指の峻峰(しゅんぽう)で、日本近代登山史の黎明(れいめい)期を飾った初登頂争いの一件は新田次郎『劔岳(つるぎだけ)・点の記』に描かれた。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園を代表する名峰で、氷雪に削られた岩峰といくつもの尾根、山腹を刻む剱沢ほかのU字谷(ゆうじこく)とその上部の雪渓(せっけい)が、夏冬を問わず多くの登山家を魅了。遭難事故も多発し、1966年(昭和41)日本で初めて「積雪期登山届出条例」が施行された。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

剱岳
つるぎだけ

富山県東部,立山連峰の中央部にある峰。標高 2999m。山体は飛騨変成岩類の閃緑岩斑糲岩で構成され,それを輝緑岩が貫いている。雪氷の浸食により剣のように鋭角的な岩峰が形成された。日本海に近く積雪が多いため平蔵,長次郎,三ノ窓,小窓などの雪渓が発達しており,いずれも氷河期(→氷期)において懸垂氷河のかかった氷食谷である。陸軍参謀本部陸地測量部(→国土地理院)の柴崎芳太郎らが 1907年7月に登頂し,頂上で平安時代のものとみられる錫杖,槍身や焚き火の跡を発見,古くから山岳信仰の修験者が登頂していたことがわかった。早月川沿いの馬場島(ばんばじま)が早月尾根からの登山の根拠地。中部山岳国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

剱岳
つるぎだけ

富山県東部、北アルプス(飛騨(ひだ)山脈)の立山(たてやま)連峰北部にある山。標高2999メートル。立山町と上市(かみいち)町の境界に位置する。北アルプスのなかでももっとも峻険(しゅんけん)な山として知られる。岩壁は古期閃緑(せんりょく)岩に輝緑岩が貫入して、立山の白っぽさに対し黒っぽくみえる。これらの岩石の節理に沿って雪氷の侵食が働き、垂直の断崖(だんがい)や鋭い岩峰が形成された。チンネ、八ツ峰、源治郎尾根、剱尾根などはその代表的な岩場であり、夏にはロッククライミングの道場となる。
 前人未到とされていた剱岳に、1907年(明治40)三角測量点を置くために登った柴崎芳太郎一行は、山頂で奈良時代末期から平安初期のものと思われる錫杖(しゃくじょう)と鉄剣を発見した。古来、修験(しゅげん)者によって不動明王に擬せられた山で、江戸時代には地獄の針の山に例えられた。剱岳東斜面の平蔵(へいぞう)谷、長次郎谷、三ノ窓谷の雪渓は、日本三大雪渓の一つである剱沢の大雪渓に合している。室堂(むろどう)ターミナルから雷鳥(らいちょう)平、別山乗越(べっさんのっこし)を経て剱岳へ至る尾根往復のルートが一般的な登山コースで、カニのヨコバイなどの鎖場がある。馬場(ばんば)島からの早月(はやつき)尾根ルートは冬山登山の一般的コースである。[深井三郎]
『深井三郎著『黒部立山アルペンルート』(1974・古今書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

剱岳の関連キーワード富山県中新川郡上市町伊折ロック・クライミング大日岳(立山連峰)映画劔岳 点の記日本アルプス木暮 理太郎地獄谷温泉登山計画書新田次郎深田久弥香川照之三田幸夫毛勝三山剱大滝上市町切截峰幻の瀧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剱岳の関連情報