和歌三神(読み)ワカサンジン

大辞林 第三版の解説

わかさんじん【和歌三神】

和歌の守護神と仰がれる三柱の神。普通、住吉明神・玉津島明神・柿本人麻呂をいうが、住吉明神・玉津島明神・天満天神、または柿本人麻呂・山部赤人・衣通姫そとおりひめとするなど、諸説がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わか‐さんじん【和歌三神】

[1] 〘名〙 和歌の守護神として、和歌と関連深い神やすぐれた歌人を三柱あげたもの。近世、最も一般的なものは、住吉明神・玉津島明神・柿本人麻呂であるが、住吉明神・玉津島明神・天満天神、柿本人麻呂・山部赤人・衣通姫(そとおりひめ)とするものなど多くの説がある。和歌の三神。和歌の神。
※俳諧・俳諧石車(1691)二「和歌三神を胸に籠め偽りさって清心と成」
[2] 〘副〙 誓って。断じて。
※句空宛芭蕉書簡‐元祿三年(1690)一二月「和歌三神其一分はかかはり不申候間、其儘指置候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

和歌三神
〔常磐津〕
わかさんじん

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治12.7(東京・新富座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android