和歌三神(読み)わかさんじん

精選版 日本国語大辞典「和歌三神」の解説

わか‐さんじん【和歌三神】

[1] 〘名〙 和歌の守護神として、和歌と関連深い神やすぐれた歌人を三柱あげたもの。近世、最も一般的なものは、住吉明神・玉津島明神・柿本人麻呂であるが、住吉明神・玉津島明神・天満天神、柿本人麻呂・山部赤人・衣通姫(そとおりひめ)とするものなど多くの説がある。和歌の三神。和歌の神。
※俳諧・俳諧石車(1691)二「和歌三神を胸に籠め偽りさって清心と成」
[2] 〘副〙 誓って。断じて。
※句空宛芭蕉書簡‐元祿三年(1690)一二月「和歌三神其一分はかかはり不申候間、其儘指置候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android