コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三笠付け ミカサヅケ

デジタル大辞泉の解説

みかさ‐づけ【三×笠付け】

冠付(かむりづ)けの一。俳諧の選者が冠の5文字を3題出し、それぞれに七・五を付けさせ、3句一組みにして高点を競うもの。江戸時代、宝永(1704~1711)ごろから行われた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みかさづけ【三笠付け】

江戸時代、宝永(1704~1711)頃から江戸を中心に行われた冠付けの一。初五の題を三つ出し、それぞれに七五を付けて、その三句一組みの点の優劣を競うもの。のちには数字に置きかえて、博打ばくち化し、禁止された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報