コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三笠付け(読み)ミカサヅケ

大辞林 第三版の解説

みかさづけ【三笠付け】

江戸時代、宝永(1704~1711)頃から江戸を中心に行われた冠付けの一。初五の題を三つ出し、それぞれに七五を付けて、その三句一組みの点の優劣を競うもの。のちには数字に置きかえて、博打ばくち化し、禁止された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android