コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三車 さんしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三車
さんしゃ

法華経』比喩品に現れる3種の乗物たとえ。 (1) 車を声聞乗に,(2) 鹿車を縁覚乗に,(3) 牛車大乗にたとえている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐しゃ【三車】

法華経譬喩品(ひゆほん)に説くたとえ。ある長者の家が火事になったとき、家の中の子供たちに羊(よう)車・鹿(ろく)車・牛(ご)車を与えるからと言って屋外に避難させた。長者を仏に、火事の家をこの世に、子供を世の人に、羊車・鹿車・牛車をそれぞれ声聞乗(しょうもんじょう)縁覚乗(えんがくじょう)菩薩乗(ぼさつじょう)にたとえたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんしゃ【三車】

〘仏〙「法華経譬喩品」にある羊車・鹿車・牛車。それぞれ人々を導く仏の三種の教えである声聞しようもん乗・縁覚乗・大乗にたとえる。みつのくるま。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三車の関連キーワードヨーロッパ大白牛車三つの車牛の車菩薩乗みつ三種声聞火宅窺基

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三車の関連情報