菩薩乗(読み)ぼさつじょう(英語表記)bodhisattvayāna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菩薩乗
ぼさつじょう
bodhisattvayāna

仏教用語。大乗仏教の実践者たちは菩薩であり,修行僧沙門立場をそれぞれ声聞乗縁覚乗二乗とし,みずからの立場を菩薩乗とし,合わせて三乗という。その特徴は,多くの人々を救うことを目的とした利他行にあり,六波羅蜜を行じるものでなくてはならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぼさつじょう【菩薩乗】

三乗・五乗の一。自分だけではなく、すべての人を悟りに導こうとする立場の教法。大乗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼさつ‐じょう【菩薩乗】

〘名〙 (「乗」は乗物の意) 仏語。三乗の一つ。自ら仏になるとともに、他を悟りに至らせる教えのこと。大乗仏教徒がそれ以前の比丘や沙門の立場と区別して自己の立場を呼んだもの。仏乗。大乗。
※勝鬘経義疏(611)摂受正法章「有四句。無価比菩薩乗。上価比縁覚乗。中価比声聞乗。下価比人天乗」 〔法華文句‐七上一〇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の菩薩乗の言及

【三乗】より

…乗は〈乗物〉であって,人間が悟りの境界へ至るための乗物すなわち教えを意味している。大乗仏教では全仏教を声聞乗(しようもんじよう),縁覚乗(えんがくじよう),菩薩乗(ぼさつじよう)の3種に分け,それぞれ能力の異なった3種類の対象のために異なった教えがあるとしている。声聞は最も能力の劣ったもので,仏の声に導かれてみずからの悟りのみを求めるものであり,次位の縁覚はひとりで悟りを開いたもの,最上位の菩薩はみずからのためのみならずいっさいの人間の悟りのために修行しているものを意味し,声聞,縁覚は自利,菩薩は自利利他とする。…

※「菩薩乗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android