三輪 晁勢(読み)ミワ チョウセイ

20世紀日本人名事典「三輪 晁勢」の解説

三輪 晁勢
ミワ チョウセイ

昭和期の日本画家



生年
明治34(1901)年4月30日

没年
昭和58(1983)年9月7日

出生地
新潟県

本名
三輪 信郎(ミワ ノブロウ)

学歴〔年〕
京都市立絵画専門学校〔大正13年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本芸術院賞(第18回)〔昭和36年〕「朱柱」

経歴
堂本印象氏に弟子入りし、画塾東丘社の創設時からその片腕となった。華麗、濃艶な色彩感覚で知られ、「東山」で帝展初入選。昭和36年、戦後の代表作「朱柱」で日本芸術院賞を受賞、54年から日本芸術院会員。東丘社主宰。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android