コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪休和 みわ きゅうわ

3件 の用語解説(三輪休和の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三輪休和

陶芸家。山口県萩市生。本名は三和邦廣。萩藩御用窯である萩焼三輪窯を継ぎ十代休雪を襲名。萩焼の伝統技術を研究し、「休雪白」と称される独自の美しい白釉を完成し、萩焼の近代化に大きな役割を果たした。のち実弟節夫に十一代休雪を譲り、隠居して休和と号する。山口県文化賞受賞。萩市名誉市民紫綬褒章受章。人間国宝。著に『日本のやきもの・萩』。昭和56年(1981)歿、86才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪休和 みわ-きゅうわ

1895-1981 昭和時代の陶芸家。
明治28年4月20日生まれ。萩(はぎ)焼の三輪家9代雪堂の次男。昭和2年10代休雪を襲名。独特の白釉(はくゆう)は「休雪白(しろ)」と称される。42年弟の節夫(さだお)に11代をつがせ,休和と号した。45年人間国宝。昭和56年10月24日死去。86歳。山口県出身。本名は邦広。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三輪休和
みわきゅうわ
(1895―1981)

陶芸家。本名は邦広。山口県阿武(あぶ)郡椿郷(つばきごう)東分村(現萩(はぎ)市松本)に旧萩藩御用窯三輪家9代雪堂の二男として生まれる。祖父雪山および父雪堂に陶法を学び、16歳で家業に従事。1927年(昭和2)萩焼三輪窯第10代を継承し休雪(きゅうせつ)を号す。大道土(だいどうつち)を使い、萩焼特有の藁灰(わらばい)による白濁釉(ゆう)を用いて「休雪白」とよばれる優れた白釉の施法で茶陶を制作した。ろくろの技がさえ、温雅な作風によって名手とうたわれた。67年(昭和42)弟節夫(せつお)に11代を譲り隠居して休和と号したが、この年に紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受章。70年重要無形文化財保持者に認定され、72年萩市名誉市民に推された。[矢部良明]
『林屋晴三編著『現代日本陶芸全集 8 三輪休和他』(1982・集英社) ▽河野良輔著『人間国宝シリーズ 4 三輪休和』(1978・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三輪休和の関連情報