コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪休雪(初代) みわ きゅうせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪休雪(初代) みわ-きゅうせつ

1630-1706* 江戸時代前期の陶工。
寛永7年生まれ。祖父は朝鮮の陶工で,文禄慶長の役の際につれてこられ,石見(いわみ)(島根県)に開窯。父の代に長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)に移住,寛文3年(1663)休雪は萩藩の御用焼物師となる。のち藩命により京都の楽家で楽焼をまなんだ。宝永2年12月3日死去。76歳。名は利定。通称は忠兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三輪休雪(初代)の関連キーワードウィンスロップカスパルカスパルイーブリンイーブリンシュリューターペドロ2世[ポルトガル王]アルバカーキ清水貞徳関口流

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android