三輪蟠竜(読み)みわ ばんりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪蟠竜 みわ-ばんりゅう

1803-1879 江戸後期-明治時代の儒者,医師。
享和3年生まれ。広瀬淡窓の門にはいり,さらに京都,江戸で儒学医術をまなぶ。伯耆(ほうき)(鳥取県)倉吉で医を業とし,家塾をひらいた。飯田年平(としひら),正墻薫(しょうがき-かおる)らと交流。孫に画家菅楯彦(すが-たてひこ)がいる。明治12年11月20日死去。77歳。筑後(ちくご)(福岡県)出身。本姓は佐藤。名は芳喬。通称泰然

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android