コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅楯彦 すが たてひこ

3件 の用語解説(菅楯彦の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

菅楯彦

日本画家。鳥取県生。独学で画を学び、大和絵をはじめ円山四条派・狩野派・浮世絵など幅広く研究する。きめの細かい大和絵風の歴史画や大阪の風物を好んでとりあげ、軽妙洒脱な趣をもつ。また国学を鎌垣春岡に、漢学を山本憲に学ぶ。名妓富田屋八千代を娶って世人を驚かせた。日本美術院恩賜賞受賞。大阪美術会会員。四天王寺舞楽協会会長。大阪市名誉市民。昭和38年(1963)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅楯彦 すが-たてひこ

1878-1963 明治-昭和時代の日本画家。
明治11年3月4日生まれ。独学で画をまなび,また有職(ゆうそく)故実を研究。歴史画や大阪の市井風俗をえがいた。昭和33年芸術院恩賜賞。37年大阪市名誉市民。昭和38年9月4日死去。85歳。鳥取県出身。本名は藤太郎。作品に「山市朝雨」「春秋難波人」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菅楯彦
すがたてひこ
(1878―1963)

日本画家。鳥取県生まれ。塩川文麟(ぶんりん)門下の父に日本画を学ぶ。のち一家は大阪に移ったが13歳で父を失い、以後は貧窮に悩みながら独学で画業を進めた。また早くから歴史に深く関心を寄せ、和漢の学や有職(ゆうそく)故実の研究にも励んだ。画風は写生を基にしながらきわめて独自のもので、歴史、郷土芸能や古今の民衆風俗を主題にした作品が多く、大阪に住んで無所属に終始した。1958年(昭和33)恩賜賞を受賞。代表作は『皇后冊立(さくりつ)』。谷崎潤一郎『聞書(ききがき)抄』、吉川英治『私本太平記』の挿絵がある。[原田 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅楯彦の関連キーワード伊藤鷺城川端龍子塩川文鵬中村玲章岡本大更藤森紫僊松尾晩翠山崎宏堂鬼頭道周山田秋衛

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菅楯彦の関連情報