三重紡績会社(読み)みえぼうせきかいしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三重紡績会社
みえぼうせきかいしゃ

東洋紡前身の一つ。1880年三重紡績所として三重県四日市で創業,1886年三重紡績会社(有限責任)に改組,1910年代までに 9社を合併,買収して当時最大の紡績会社に発展した。1914年,過当競争にあった業界の大同団結の必要から,渋沢栄一斡旋によって大阪紡績と合併,東洋紡績(のちの東洋紡)となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android