三鳥派(読み)サンチョウハ

デジタル大辞泉 「三鳥派」の意味・読み・例文・類語

さんちょう‐は〔サンテウ‐〕【三鳥派】

日蓮宗富士派の一分派。寛文年間(1661~1673)に三鳥日秀が唱えたが、邪宗として禁圧された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「三鳥派」の意味・読み・例文・類語

さんちょう‐は サンテウ‥【三鳥派・三超派・三長チャウ派】

〘名〙 日蓮宗富士派の一分派。日蓮と日便との像を本尊とするもの。江戸時代、寛文(一六六一‐七三)の頃、三鳥院日秀が唱え、邪宗として日秀とその一類が処刑された後も、これを継承するものがでて、その度ごとに処刑された一派。三鳥。
※禁令考‐後集・第三・巻二三・元文四年(1739)正月遠島〈略〉此もの、御法度之三鳥派宗門を相たもち、百姓共を勧、不届に付、如斯」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android