三鳥派(読み)さんちょうは

精選版 日本国語大辞典「三鳥派」の解説

さんちょう‐は サンテウ‥【三鳥派・三超派・三長チャウ派】

〘名〙 日蓮宗富士派の一分派。日蓮と日便との本尊とするもの。江戸時代、寛文一六六一‐七三)の頃、三鳥院日秀が唱え、邪宗として日秀とその一類が処刑された後も、これを継承するものがでて、その度ごとに処刑された一派。三鳥。
※禁令考‐後集・第三・巻二三・元文四年(1739)正月遠島〉此もの、御法度之三鳥派宗門を相たもち、百姓共を勧、不届に付、如斯」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三鳥派」の解説

さんちょう‐は〔サンテウ‐〕【三鳥派】

日蓮宗富士派の一分派。寛文年間(1661~1673)に三鳥院日秀が唱えたが、邪宗として禁圧された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android