コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上堂 ジョウドウ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐どう〔ジヤウダウ〕【上堂】

[名](スル)
禅宗で、住持または導師が法堂(はっとう)に上がって説法をすること。
禅宗で、食事のために僧堂に上がること。
禅寺座敷の上段の間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうどう【上堂】

禅宗で、住持が法堂はつとうで、説教したり僧と問答すること。初めは随時行なったが、のちには日時を定めて行うようになった。
僧が食事をとるために僧堂に上ること。
僧堂内の上の間。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

上堂の関連キーワード狀・丈・上・乗・乘・冗・剩・剰・城・場・壌・壤・嬢・孃・定・帖・常・情・成・擾・攘・杖・条・條・浄・淨・状・畳・疊・盛・穣・縄・繞・繩・蒸・譲・讓・醸・釀・錠・静・饒アッシージ、聖フランチェスコ聖堂と関連遺跡群サンフランチェスコ大聖堂聖一国師仮名法語南ホンダ自動車五山文学永平広録槐安国語ジョット了庵清欲御水取臨済録禅宗住持導師説法軍旅大参臘八寛慶

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上堂の関連情報