コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上大等 じょうだいとう

1件 の用語解説(上大等の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうだいとう【上大等】

朝鮮,新羅の最高官職。上臣とも称される。他の官職と異なり所属官庁を持たず,相当官位の規定も明文がなく不明である。また1王代に1人の上大等が任命され,王と進退をともにするのが原則であった。《三国史記》によればその創設は531年であり,以後新羅滅亡まで存続した。しかし5世紀末には,すでにその原型が形づくられていた可能性が大きい。上大等は大等とよばれる高級貴族階層の首席にほかならず,王のもとで大等階層を統制しかつ代表するものとして設置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上大等の関連キーワード護国卿総裁任那鶏林高官総統併合罪の最高刑土師豊麻呂木羅斤資久氐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone