コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上大等 じょうだいとう

世界大百科事典 第2版の解説

じょうだいとう【上大等】

朝鮮,新羅の最高官職。上臣とも称される。他の官職と異なり所属官庁を持たず,相当官位の規定も明文がなく不明である。また1王代に1人の上大等が任命され,王と進退をともにするのが原則であった。《三国史記》によればその創設は531年であり,以後新羅滅亡まで存続した。しかし5世紀末には,すでにその原型が形づくられていた可能性が大きい。上大等は大等とよばれる高級貴族階層の首席にほかならず,王のもとで大等階層を統制しかつ代表するものとして設置された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

上大等の関連キーワード新羅(しらぎ)金官国元聖王

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android