上山英一郎(読み)うえやま えいいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上山英一郎 うえやま-えいいちろう

1861-1943 明治-昭和時代前期の実業家。
文久元年生まれ。慶応義塾でまなび,郷里の和歌山県有田郡にかえり家業のミカン栽培に従事する。明治18年福沢諭吉にアメリカ人アーモアを紹介され,除虫菊の種子を入手。これを栽培して蚊取り線香などを製造,大日本除虫菊を創立し,製品を海外にも輸出した。昭和18年9月7日死去。83歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android