コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上山英一郎 うえやま えいいちろう

1件 の用語解説(上山英一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上山英一郎 うえやま-えいいちろう

1861-1943 明治-昭和時代前期の実業家。
文久元年生まれ。慶応義塾でまなび,郷里の和歌山県有田郡にかえり家業のミカン栽培に従事する。明治18年福沢諭吉アメリカ人アーモアを紹介され,除虫菊の種子を入手。これを栽培して蚊取り線香などを製造,大日本除虫菊を創立し,製品を海外にも輸出した。昭和18年9月7日死去。83歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上山英一郎の関連キーワードカナダ文学炭酸塩岩脈文久育英制度ムラヴィヨーフ流紋岩ディフェンス咸豊帝万延桂文治(5世)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上山英一郎の関連情報