コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉定実 うえすぎ さだざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉定実 うえすぎ-さだざね

?-1550 戦国時代の武将。
上杉房定の甥(おい)。上杉房能の養子。永正(えいしょう)4年長尾為景に擁されて房能を敗死させ,翌年越後(えちご)守護となる。10年越後琵琶島城主宇佐美房忠らとともに為景をのぞこうとし,逆に幽閉される。のち長尾晴景とその弟景虎(上杉謙信)の争いを調停し,景虎を春日山城主とした。天文(てんぶん)19年2月26日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上杉定実の関連キーワード春日山城跡蔵王堂城伊達稙宗戦国時代上杉房定栖吉城長尾氏

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android