コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉房能 うえすぎ ふさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉房能 うえすぎ-ふさよし

?-1507 室町-戦国時代の武将。
上杉房定の子。明応3年越後(えちご)(新潟県)守護。永正(えいしょう)元年兄の関東管領山内上杉顕定をたすけるため関東に出陣。領国をおさめるうえで,国人(こくじん)らにみとめていた特権を否定。支配を強化しようとして守護代長尾為景とあらそい,4年8月7日敗死した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の上杉房能の言及

【越後国】より

… この平衡を破ったのは,応仁の乱後,京から越後にひきあげた守護上杉氏である。上杉房能は,それまであった守護不入についてきびしい詮議を加えて,不入権を否定・制限する方針をうちだして,直接在地を掌握しようと試みた。それは,すでに領主化をとげてみずからが越後支配者の地位を望みはじめていた守護代とするどく対立することとなり,ついに1507年(永正4)守護房能は守護代長尾為景によって滅ぼされ,守護国主化の道はとざされてしまった。…

※「上杉房能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上杉房能の関連キーワード春日山城跡上杉定実春日山城上杉房定上杉謙信蔵王堂城戦国時代平林城栖吉城上条城綾子舞長尾氏

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android