コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉房定 うえすぎ ふささだ

2件 の用語解説(上杉房定の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉房定 うえすぎ-ふささだ

?-1494 室町時代の武将。
上杉清方の子。従兄弟(いとこ)の上杉房朝の養子。宝徳元年跡をつぎ,40年以上にわたって越後(えちご)(新潟県)守護職をつとめる。文明14年室町幕府古河公方(くぼう)足利成氏(しげうじ)との和睦を成立させた。京都の文化人との交わりもおおく,飯尾宗祇(そうぎ)や万里集九(ばんり-しゅうきゅう)らがおとずれてきている。明応3年10月17日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉房定

没年:明応3.10.17(1494.11.14)
生年:生年不詳
室町時代の武将。越後守護。民部大輔,相模守。越後上条城(新潟県柏崎市)城主上杉清方の子。宝徳1(1449)年に従兄弟の上杉房朝の跡を継いで守護となる。翌2年に長尾邦景を滅ぼし,以後重臣の長尾頼景,飯沼頼泰らに支えられて国政を主導した。享徳3(1454)年から上杉氏と古河公方足利成氏の戦いが始まると,関東に出兵して上杉方の中核として活動。その後越後に戻るが,次男の顕定が関東管領になると上杉氏の長老の地位に立ち,文明14(1482)年には室町幕府と成氏の和睦を成立させた。関東の抑えとして幕府の信任を得,京都の公家や文化人とも多く交わり,聖護院道興,飯尾宗祇,万里集九らも越後府内の房定のもとに来ている。足掛け46年守護の職にあり,越後守護上杉氏の全盛期を現出させた。<参考文献>『新潟県史』通史編2巻

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上杉房定の関連キーワード上野民部大輔小笠原長朝菊池兼朝長瀬泰貞仁木義員布勢清直細川満之三浦高連結城満藤遊佐国長

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone