コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉清方 うえすぎ きよかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉清方 うえすぎ-きよかた

?-1446 室町時代の武将。
上杉憲実(のりざね)の弟。父は越後(えちご)守護上杉房方。上条(じょうじょう)上杉家の祖。永享11年出家した兄にまねかれ甥(おい)の憲忠のかわりに関東管領の職務をおこなう。嘉吉(かきつ)元年足利持氏の遺児をたてて挙兵した結城氏朝をほろぼし,文安3年遺児を京都に護送。その帰途自殺した。原因は不明。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉清方

生年:生没年不詳
室町時代の武将。山内上杉氏の当主。越後守護上杉房方の子で,関東管領上杉憲実の実弟。兵庫頭。はじめ越後の上条(新潟県柏崎市)にいたが,永享11(1439)年に鎌倉公方足利持氏が滅亡すると管領憲実により鎌倉に呼び寄せられて家督と政務を譲り受け,関東を統轄する地位に立った。翌12年に結城氏朝が持氏の遺児安王,春王を擁して挙兵すると,室町幕府の後援を得て,諸大名の軍勢を率いて結城城を囲み,翌嘉吉1(1441)年に同城を陥落させた。しかしその後まもなく謎の自殺を遂げた。理由も年月日も不明だが,文安1(1444)年9月以前であることは確からしい。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

上杉清方の関連キーワード結城氏朝(2)結城合戦上杉房定上条城

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android