コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉清方 うえすぎ きよかた

2件 の用語解説(上杉清方の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉清方 うえすぎ-きよかた

?-1446 室町時代の武将。
上杉憲実(のりざね)の弟。父は越後(えちご)守護上杉房方。上条(じょうじょう)上杉家の祖。永享11年出家した兄にまねかれ甥(おい)の憲忠のかわりに関東管領の職務をおこなう。嘉吉(かきつ)元年足利持氏の遺児をたてて挙兵した結城氏朝をほろぼし,文安3年遺児を京都に護送。その帰途自殺した。原因は不明。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉清方

生年:生没年不詳
室町時代の武将。山内上杉氏の当主。越後守護上杉房方の子で,関東管領上杉憲実の実弟。兵庫頭。はじめ越後の上条(新潟県柏崎市)にいたが,永享11(1439)年に鎌倉公方足利持氏が滅亡すると管領憲実により鎌倉に呼び寄せられて家督と政務を譲り受け,関東を統轄する地位に立った。翌12年に結城氏朝が持氏の遺児安王,春王を擁して挙兵すると,室町幕府の後援を得て,諸大名の軍勢を率いて結城城を囲み,翌嘉吉1(1441)年に同城を陥落させた。しかしその後まもなく謎の自殺を遂げた。理由も年月日も不明だが,文安1(1444)年9月以前であることは確からしい

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

上杉清方の関連キーワード上杉定正長尾景仲上杉顕定上杉顕房上杉朝興上杉憲定上杉憲基上杉房定上杉房能白倉五左衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone