コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉教朝 うえすぎ のりとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉教朝 うえすぎ-のりとも

1408-1461 室町時代の武将。
応永15年生まれ。上杉禅秀の子。父の挙兵(上杉禅秀の乱)失敗後,兄憲秋とともに京都にのがれ出家。将軍足利義持の命で還俗(げんぞく)して永享の乱や結城(ゆうき)合戦にくわわる。長禄(ちょうろく)元年堀越公方(くぼう)足利政知の執事となる。寛正(かんしょう)2年疫病により病死,あるいは自殺したといわれる。54歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上杉教朝の関連キーワード勘合貿易遣明船(年表)オルジェイ・テムル鬼力赤今川範忠今川範忠シャルルエドワード[4世]ヘンリー[6世]ヨーク朝シャルル

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android