コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉朝房 うえすぎ ともふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉朝房 うえすぎ-ともふさ

?-1391 南北朝時代の武将。
上杉憲藤の子。上杉朝宗の兄。貞治(じょうじ)3=正平(しょうへい)19年上総(かずさ)(千葉県)守護,のち信濃(しなの)(長野県)守護。応安元=正平23年平一揆(へいいつき)平定のため武蔵(むさし)河越(埼玉県)などに出陣。同年上杉能憲とともに関東管領となり,両管領とよばれた。のち管領をしりぞき,明徳2=元中8年京都で没したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上杉朝房の関連キーワード小笠原長基南北朝時代市河頼房義堂周信上杉憲藤市河興仙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上杉朝房の関連情報