コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉朝房 うえすぎ ともふさ

1件 の用語解説(上杉朝房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉朝房 うえすぎ-ともふさ

?-1391 南北朝時代の武将。
上杉憲藤の子。上杉朝宗の兄。貞治(じょうじ)3=正平(しょうへい)19年上総(かずさ)(千葉県)守護,のち信濃(しなの)(長野県)守護。応安元=正平23年平一揆(へいいつき)平定のため武蔵(むさし)河越(埼玉県)などに出陣。同年上杉能憲とともに関東管領となり,両管領とよばれた。のち管領をしりぞき,明徳2=元中8年京都で没したという。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

上杉朝房の関連キーワード山名氏清南極大陸明徳の乱足利義満伊勢氏稲村御所善隣国宝記明徳の乱赤松義則一条経嗣

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上杉朝房の関連情報