コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上杉茂憲 うえすぎ もちのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上杉茂憲 うえすぎ-もちのり

1844-1919 明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)15年2月28日生まれ。上杉斉憲の長男。明治元年出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩主上杉家13代をつぐ。5年イギリスへ留学。14年沖縄県令,16年元老院議官。17年伯爵となり,23年貴族院議員。大正8年4月18日死去。76歳。通称は喜平次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

上杉茂憲

没年:大正8.4.18(1919)
生年:弘化1.2.28(1844.4.15)
明治時代の政治家。旧米沢藩(山形県)藩主。父は斉憲。母は磐。奥羽列藩同盟に参加したが,ほどなく離脱,明治1(1868)年12月,4万石を減封されて家督を相続。4年7月廃藩により米沢藩知事を免ぜられる。上京後は,戸田欽堂,浅野長勲らと共に「民権華族」として知られた。14年5月沖縄県令に任ぜられ,税制改革や地方役人削減を基本方針とした施策を進めようとしたが,旧慣温存政策をとる政府と対立し,16年4月,県令を解任され,元老院議官に任命された。17年,伯爵。23年,貴族院議員となる。<参考文献>米沢温故会編『上杉家御年譜』19~22巻

(西尾林太郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の上杉茂憲の言及

【沖縄[県]】より

…《上杉県令巡回日誌》(1881‐82)は農民の貧困と悲惨な現実にふれ,県政改革を模索しはじめている。上杉茂憲は県庁役人の人員整理・縮小による財政再建をはかり政府に建白したが,政府は拒否して上杉改革案を葬り去った。先島の農民の場合は,もっと緊迫していた。…

※「上杉茂憲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上杉茂憲の関連キーワード千阪高雅

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android