コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田俊蔵 うえだ・しゅんぞう

1件 の用語解説(上田俊蔵の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

上田俊蔵

没年:明治6.12.21(1873)
生年:天明4.2.15(1784.4.4)
豊前国(大分県)宇佐郡上田村(幕府領)の庄屋。号は春荘。櫨栽培について大きな功績を残し,「櫨育翁」「櫨樹翁」とも呼ばれた。実から蝋を採り樹皮を染料とする櫨は近世九州の特産物であったが,これを宇佐郡に導入するために享和2(1802)年から品種改良に取り組み,野生種などとの接木を繰り返して,天保末年ごろ「群烏の諸木に泊り居るごとく見事」という大房の実がつく多収穫品種「群 烏」を創出。著書に先人の諸著書を踏まえて櫨の栽培方法を記した『櫨徳分并仕立方年々試書』などがある。長州藩の豪農林勇蔵などとも交渉があった。<参考文献>後藤重巳「『櫨徳分并仕立方年々試書』現代語訳・解題」(『日本農書全集』33巻)

(豊田寛三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

上田俊蔵の関連キーワード地租改正レーピンローンヴァン・リード小幡甚三郎畠山太助堀田右馬允アチェ戦争血税一揆番号

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone