コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上置き ウワオキ

デジタル大辞泉の解説

うわ‐おき〔うは‐〕【上置き】

たんすなどの上に置く、小さな戸棚や箱。上置き棚。
飯、雑煮の餅、うどん・そばなど、主食となるものの上にのせる肉・魚・野菜など。
旅芝居などで、客寄せのために人気のある役者を、一座に参加させること。転じて、有名人の名を借りて著作組織体裁をつくろうことにもいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

うわおき【上置き】

飯・餅(もち)種物のそばやうどんなどの上にのせて食べる副食物

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

うわおき【上置き】

机・棚・たんすなどの上に置く物入れの箱。
芝居などで、客寄せのために看板となる役者を特別に参加させること。また、その人。
飯・餅・うどんなど主食の上に野菜・肉・魚などの副食物をのせること。また、その副食物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

上置きの関連キーワードコーポレートガバナンス・コードラーメン(拉麺)竹田出雲(初代)メンマたんすすし戸棚雑煮主食

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上置きの関連情報