コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種物 タネモノ

デジタル大辞泉の解説

たね‐もの【種物】

栽培用の野菜・草花の種。 春》
穀類総称
関東で、かけそば・かけうどんに、てんぷら・卵・油揚げなどの具をのせたもの。
シロップ小豆などを入れた氷水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

たねもの【種物】

天ぷら・肉・卵などの具を入れ、汁をかけたそばうどん
②シロップ・あずきあんなどを入れたかき氷

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たねもの【種物】

農作物の栽培の出発点となる繁殖体。種苗とほぼ同義に用いられる。種物には作物体の各種の器官が利用されている。最も一般的なものは種子あるいは果実で,イネ,ムギ,トウモロコシ,マメなどで利用される。野菜では種子のほかに,これから育てられた苗が利用される。いも類では種いも(塊根塊茎)が利用されるが,これから育てられた苗が使われる場合(サツマイモ)もある。果樹類では苗木,挿穂接穂などが,また花類では種子のほか,塊根や各種の地下茎(園芸分野では一括して球根と呼ばれる)が種物となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たねもの【種物】

(冬の間保存しておいた)植物の種子。物種ものだね[季] 春。 「 -屋」
汁そば・汁うどん類に卵・肉・天ぷらなどの入っているもの。
シロップや小豆餡あずきあんなどを加えた氷水。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の種物の言及

【種苗】より


[農林業の種苗]
 農林業では繁殖のために使用する植物体の一部または全体をさし,種物(たねもの)ともいう。最もふつうに利用されるのは種子または果実であるが,このほかに苗や苗木,あるいは各種の地下茎や枝(接木や挿木に利用する),台木も種苗として取り扱われる。…

※「種物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

種物の関連キーワードフィッシュソーセージ淡雪蕎麦/泡雪蕎麦鳥南蛮/鶏南蛮赤外線分光分析マックスレイ日本観光協会トンネル効果空間電荷層電気二重層かけうどんアレルギー接触電位差卓袱料理ゲル濾過中間代謝日通商事皮天ぷらてんぷら溶媒抽出加薬饂飩

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android