コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上通 ジョウツウ

2件 の用語解説(上通の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう‐つう〔ジヤウ‐〕【上通】

[名](スル)下の者の意思などが上の者に伝わること。「下意が上通するよう努める」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上通の言及

【白洲】より

…御用達町人や由緒ある浪人等は下椽(したえん)(板椽,落椽(おちえん),浪人台)に,武士や僧侶,神職等は一段高い上椽(うわえん)(畳椽,椽頰(えんがわ),下通(したどおり))に座る。さらに上段の間(上通(うわどおり))を区分して設ける奉行所もあるが,奉行は最上段の座敷に着座した。上椽以上に座る資格のある者を上者(うわもの),下椽,砂利に座るべき者を下者(したもの)という。…

※「上通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上通の関連情報