コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御目見 おめみえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御目見
おめみえ

本来は下位の者が上位の者に対して対面することを意味し,鎌倉,室町時代には御対面とも見参 (げんざん,げざん,けざん) ともいった。江戸時代には武士の格式を表わす言葉となり,幕府では将軍に謁見できる武士を御目見以上と呼び,それが許されない武士を御目見以下とした。御目見以上の武士は大名大坂城代京都所司代若年寄などで,幕府直参の御目見以上を旗本と称し,以下を御家人と称した。御目見以下の武士は御鳥目,天守番,勘定吟味役,改役などであり,御目見以下である御家人が御目見以上となるには特別の資格を必要とした。諸藩においても大名に謁見できる御目見以上は上級武士をさし,以下は下級武士をさした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

お‐めみえ【御目見/御目見得】

[名](スル)
貴人や目上の人に会うこと。お目にかかること。「社長に―する」
新しくできたものなどが、初めて人々の前に姿を現すこと。「近く新車が―する」
歌舞伎などで、俳優が初めて、または久しぶりに観客の前で演技をすること。初舞台、ある劇場への初出演など。
江戸時代、大名旗本が将軍に直接お目通りすること。また、その資格。→御目見以上御目見以下
奉公人が正式に雇われる前に、試験的に短期間使われること。
「たびたび―に出ますが、兎角(とかく)に故障がございまして」〈滑・浮世風呂・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

御目見【おめみえ】

主従関係を結ぶために,または儀礼上の挨拶として下位の者が上位の者に謁見すること。御目見得とも書く。中世武家社会ではこの儀式を見参(けんざん)といったが,江戸時代には御目見とよんだ。転じて武士の格式を表す用語となった。大名旗本は将軍に謁見の資格があり(御目見以上),御家人や陪臣にはなかった(御目見以下)。
→関連項目奉公衆六尺

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おめみえ【御目見】

主従関係を結ぶため,または儀礼上の挨拶のため,下位の者が上位の者に謁見すること。古くは,平安時代に地方の豪族が中央の権門勢家名簿(みようぶ)を奉呈して主従関係を結ぶ慣習があり,武士の間にも行われたが,これに代わって平安末期より武家社会で見参(げんざん)すなわち主従関係を結ぶために従者になろうとする者が主君に謁見する儀式が行われた。江戸時代にはこれに代わって御目見の称呼が用いられた。御目見には主従関係を結ぶため家臣が主君に謁見する場合(大名・旗本が将軍に,藩士が大名に謁見など)のほかに,儀礼上の挨拶としての謁見(参勤交代の際大名が将軍に,天領代官赴任の際村役人が代官に謁見など)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御目見
おめみえ

古くは見参(げんざん)といった。主人はじめ高位の人に謁すること。江戸時代には、武家ばかりか町人などの社会にもみられた。江戸幕府では、大名・旗本らが式日(しきじつ)などに将軍に謁見することをいった。なかでも彼らの子弟の初御目見は重要なものであり、封禄(ほうろく)(家督)の相続、分封(ぶんぽう)(分家)以前に済ませておくのが原則であった。御目見は、将軍との間の主従関係の確認、家督・知行(ちぎょう)の相続権の発生を意味したからである。そこでひとたび御目見を済ませた者は、直参(じきさん)の家に養子となることは許されても、大名の家中に召し出されたり、その家臣(陪臣(ばいしん))の養子となることは禁止された。また御目見は身分格式を表示するものでもあった。幕府では直参のうち、御目見以上を旗本、御目見以下を御家人(ごけにん)として区別した。なお、諸藩においても御目見の意義は、幕府におけるのと同様であった。[北原章男]
『進士慶幹著『江戸時代の武家の生活』(1966・至文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御目見の言及

【大奥】より

…ただし御坊主は将軍付,御小姓は御台所付のみの職種である。身分的には上﨟(じようろう)・御年寄から呉服之間までは将軍や御台所に目通りが許される〈御目見(おめみえ)以上〉であったが,それ以下は〈御目見以下〉であった。上﨟は京都の公家の女が多いが,御年寄以下は武家の女から選ばれた。…

【家格】より

…なお官位の先途は幕末にはいちじるしく崩れる。万石以下の幕臣には御目見(おめみえ)以上と以下とがあり,御目見以上を通常旗本,以下を御家人と称した。これは将軍に謁見できるか否かの別であったが,幕府職制上では大きな意味を持っていた。…

【徒士】より

…しかし,一口に士分とはいっても徒士と侍との間には格式の上で大きなへだたりがあった。侍身分のものは御目見(おめみえ)以上の格とされて,主君に拝謁を許されたのに対し,徒士身分のものは御目見以下の格とされて,御目見を許されなかった。また足軽身分から徒士身分への昇格は比較的容易であったが,徒士身分から侍身分への昇格はきわめてまれなことであり,俸禄にしても侍は知行取の格とされ,徒士は蔵米取の格とされた。…

【日光社参】より

…将軍社参のない年は大名による代参があり,また各大名の社参やその家臣による代参もあった。大名や旗本には,日光山内にそれぞれ宿坊が定まっており,彼らはその案内で拝礼をすませたが,それは家康や家光に対する御目見(おめみえ)であり,そのときの服装には江戸城中でのそれが着用された。 幕府が庶民にも社参を許したのは,堂社の荘厳を拝見させて東照大権現の権威を印象づけることに目的があった。…

※「御目見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御目見の関連キーワード揚がり座敷・揚り座敷落合縫殿助正永御目見得泥棒長裃・長上下御目見得奉公御目見得狂言御目見得稼ぎ揚がり座敷目見得以上御広敷番小十人組御座直し揚がり屋根来組御庭番先手組角屋敷半上下奥女中書院番

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android